突然ですが「洗車」していますか?
高いお金を払って買った車は、点検や修理以外にも洗車も欠かせないメンテナンスの一つです。
しかし、自分で水や洗剤を準備したり、洗車をするためのスペースを確保したりと、洗車には何かと手間と時間が掛かります。そんなことがあり、最近では自分で洗車をせずにガソリンスタンドに置いている洗車機や、店員さんに洗ってもらう人も増えてきています。
そこで今回は、「効率的かつ綺麗になる洗車のコツ」と題して、自分で愛車を洗車したい人におすすめの効率的で綺麗になる洗車方法をご紹介します。
まずご紹介するのは「洗車は曇り空がベスト」です。
洗車をする時のイメージとして、太陽がサンサンと照り付ける晴れた日を想像しがちですが、実は晴れた日に洗車をすると、汚れを洗い流すために掛けた水や洗剤が早く乾いてしまいシミの原因となるので、太陽が照り付けていない曇り空が洗車に向いています。
続いてご紹介するのは「高いところから洗車をする」です。
具体的には、最初に天井部分への水かけ・洗浄・拭き取りを行い、その後は左右のドア⇒トランク周り⇒ボンネット周り⇒タイヤといった様に、高いところから低いところへと洗車を行うと、部分毎に洗車を終わらせることが出来て効率的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です